« クリスタル | トップページ | 引っ越し »

2004年2月17日 (火)

吉野家

吉野家牛丼フィーバー(?)が一段落しました。かな?
2月11日の牛丼販売最終日に、僕も吉野家へ行こうかと思いましたが、休日はどうしてもダラダラした気分になってしまい、結局行かずじまいでした。まあ、いつの日になるか分かりませんが、アメリカからの牛肉の輸入が再開されれば吉野家の牛丼も間違いなく復活するわけでしょうから、それほど頑張る必要もありませんよね。Yahoo オークションなどにも「吉野家牛丼の具」の冷凍パックが多数出品されていて、結構高値で取引されていますね。驚きです。高値と言ってもレトルトパック1食分の単価で500円強でしょうか。これって元々いくらのもんなんでしょうかね。


吉野家の牛丼って、いわゆる「牛丼」の域を超えて「吉野家の牛丼」としての地位を確立しているなと思いました。僕も結構好きなんですが、やはり牛丼は吉野家じゃないとって思ってしまうんですね。例えばどこかの高級店が和牛を使ったやたらと美味しい牛丼を作ったとします。それはそれで美味しいんでしょうけど、それと吉野家の牛丼は別物。っていう感覚でしょうか。


ちょうど日清のカップラーメンに似ているかも知れませんね。あれもラーメンとはまったく別物ですよね。それでも根強い人気があります。あれに替わるものはなかなか無いんですね。


ラーメン二郎なんてその最たるものですね。二郎を食べに行って、お店が休みだったりした日には、もうそれに替わるラーメンなんてないんですよね。


あ~、二郎行きたいな~。

« クリスタル | トップページ | 引っ越し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

飲食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483617/46763668

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野家:

« クリスタル | トップページ | 引っ越し »