« 大分 | トップページ | 富士山 »

2004年3月 6日 (土)

ホーバークラフトとふぐ肝

タイトルどおりです。
大分に行って来ました。空港から市内までは有名なホーバークラフトに乗りました。バスで陸路で行くと約1時間かかるところが、このオーバークラフトだと約30分で行くことができます。ホーバークラフトには初めて乗りました。海の上を空気で浮いて走るということは知っていましたが、乗り場に行ってビックリ。ホーバークラフトが停船しているのは、海の上でなくコンクリートの上でした。

ホーバークラフトの画像

確かに空気を下に吹きつけて浮き上がるのですから、陸の上でも浮き上がることができるわけで、乗り場が陸の上にあっても全然不思議ではありません。しかしそこから海までのS字に曲がった道路(?)をゆっくりと走っていくのですが、タイヤがない乗り物なので前、横、斜めと滑るように走っていくんですよ。この感覚って不思議でした。カーブは、ラリーでいう「ドリフト」風の走り方をします。もちろん陸上はゆっくり走るのですが、本当に不思議な感覚でした。
夜はふぐを食べました。大分のふぐ屋は「肝」が出てくるんです。
これです!!

ふぐの肝!

こんな大きな、それもたくさん。この写真は二人前ですが、それでも食いでがありました。お店の人曰く、今まで死んだ人はいないから大丈夫ですよ!だって。
しかし美味しかったですよ!お湯でさっと暖めてあります。それをポン酢で食べるのですが、甘みがあって、コクがあって、最高でした。

« 大分 | トップページ | 富士山 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483617/46757700

この記事へのトラックバック一覧です: ホーバークラフトとふぐ肝:

« 大分 | トップページ | 富士山 »