« 神戸 | トップページ | ゴードン・ラムゼイ at 東京 »

2005年7月 6日 (水)

TVとインターネットの融合(こうなったらいいな)

ライブドアとフジテレビの攻防。まだ記憶に新しいところですね。この時に話題になったテレビとインターネットの融合、相乗効果について、僕自身が最近一番期待していることがあります。僕が考えることですから当然世の中にはすでに考えている人がいることは間違いありませんが、せっかくだから書いてみようかなんて考えたわけです。

もしかして、このアイデアはインターネットが無くても成り立つものかもしれません。地上波デジタル放送の技術だけで実現可能かも。であれば、すぐにでも実現して欲しいと思うのです。

一言で言うと、テレビ放送をすべてテレビ局側あるいはどこかのコンテンツサービスプロバイダが即時にサーバに保存して常時公開して欲しい。これだけです。

これ便利ですよ。家庭にビデオデッキとかHDDレコーダとかが不要になってしまいます。だって見逃した番組を、いつでも見られるようになるんです。これができれば、連続ドラマを録画し忘れたとか、見たい番組があったのに、気がついたら終わっていたとか、そんな悔しい思いをしないで済むのです。

インターネット経由でパソコンで見てもいいでしょう。地上波デジタル放送の技術を使ってテレビからリクエストを上げて配信してもらうことができればもっといいですね。

まあ、後者は「配信」のところが難しい感じがしますので、やはり現実的にはインターネットのブロードバンド回線を使ってPC経由で見るというのがいい感じがします。

これって本当に便利じゃないでしょうか!

まあ、サーバの容量もあるでしょうから、番組の種類によって保存期間を変えます。ニュースみたいに新鮮さが命の番組は放映後1週間だけ見ることができるとか。連続ドラマはそれはもう5年間いつでも視聴可能とか。

「ねえねえねえ、昨日のあのドラマ見た?すごい良かったよ!」
「え~~!ホント?じゃあ、今日見てみよう!そうだ、せっかくだから第1話から見ようっと。」
なんてことになるわけです。
もちろん著作権やCMにも考慮して、複製が不可能なストリーミングにしたり、CMのスキップはできない方式にしたり、そんなことの解決法はいくらでもありそうです。

CMはリアル放送で入るものと同じものを配信してもいいし、場合によってはインターネット配信用に別途CMを入れてもいいかもしれませんね。CM料はアクセス数で決まったりとか。

結構実現性が高くて、視聴者にとってはとても便利だと思うけどなぁ。

« 神戸 | トップページ | ゴードン・ラムゼイ at 東京 »

物欲日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483617/40247035

この記事へのトラックバック一覧です: TVとインターネットの融合(こうなったらいいな):

« 神戸 | トップページ | ゴードン・ラムゼイ at 東京 »