« 仙台 | トップページ | 二郎環七一之江店 »

2011年6月10日 (金)

仙台若林区の津波のあと。。

Dvc00359_3


仙台に行ってきました。
営業所の所長に頼んで帰りがけに車で津波跡地を回ってもらいました。

見渡す限りの荒れ野でした。
ここに民家があったなんて全然想像できません。

瓦礫や車はもうかなり片付いていて、若干の車となぎ倒された松の木が数多く残っています。

Dvc00352_2

今後ここをどうしていくのか。
それが決まらない限りこれ以上まったく手のつけようがないという感じでした。

ここに住んでた人たちはまだ避難所暮らしをしているのでしょう。
ほんのちょっと先、津波が来なかったエリアに戻れば、そこは一見もう普通の生活が戻っているようです。仙台駅まで行けば地震があったなんて分からないほどです。

こんな近くのエリアに、一方では家を無くし避難所生活をしている人たちと、もうほぼ日常生活を営んでいる人たちがいる。

1日も早く、この被災エリアの復旧・復興方針を定めて動き出さなければいつまでたっても被災した人たちは救われないのではないかと思いました。

しかしあれだけの広大なエリアをどのように利用するのか。
土地の所有者の権利をどのように調整していくのか。

ホントに難しい問題だろうなと想像しながら東京に帰ってきました。

« 仙台 | トップページ | 二郎環七一之江店 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483617/40345373

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台若林区の津波のあと。。:

« 仙台 | トップページ | 二郎環七一之江店 »