カテゴリー「マンドリン」の7件の記事

2011年10月12日 (水)

マンドリン悠々

お! マンドリン悠々がちょこっと復活!



2011年6月 4日 (土)

今日は練習

朝からクリニックに行ってきました。
ちょっと血圧が高いと言うことで月に1回地元のクリニックに通って薬を処方してもらってます。
しかしこのクリニック、先生は循環器の専門らしいのですがどうもちょっとやり過ぎかなと。。

毎回何かしらの検査をするんですね。
今日は血液検査と言って採血されました。

う~~ん、血圧は薬で正常域にコントロールされてるし、以前の血液検査でも特に問題なかったし、エコーも問題なかったし、レントゲン検査も2回もやって問題なかったし、その上で何故また血液検査???って感じです。

白血球がちょっと多いようなのでと言われましたが、「いや白血球は以前からずっと多いので」と返したら、白血球の中身を調べることでそれが体質によるものなのかどうか分かりますから。だと。。

なんとなく腑に落ちない。

今日はこれから慶應義塾マンドリンクラブ 創部101年演奏会の練習に霞ヶ関まで行ってきます。
なかなか難儀な曲で。。。

Kmc101c

今日は13時から21時まで練習です。

2004年7月31日 (土)

清心(きよみ)さんCD

Dd00caaeマンドリン界(?)では、きっとかなり有名になっている清心(きよみ)メジャーデビューCD。僕も買いました。

いきなりYMOのRYDEENで始まる、それも歌詞付きのRYDEENで始まる全6曲入りのCDです。6曲のうち、歌詞なし(つまりマンドリン中心のInstrumental)の曲が2曲入っています。バックには青山忠君(「くん」付けでごめんね)などプロのマンドリン奏者も入っているようなので、全曲を通して、どの部分のマンドリンを清心さんが弾いているのかが分からないのがマンドリン奏者の自分としてはちょっと残念。でもきっとメインはみんな清心さんが弾いているんでしょうね。

こうやってマンドリンを前面に出した人がメジャーデビューしてくれるということはとても喜ばしいことです。このCD、売れるといいなあ。って思います。

2004年3月22日 (月)

久我山は・・・、また雨だった!

呟き、少々サボってしまいました。(昨日はちょっと寝坊してしまったので書く時間がなかったのです)
さてさて、もう2日前になりますが、20日(土)に、久我山小学校合唱団のお別れコンサートにアメデオがゲスト出演しました。小穴君が「マンドリン悠々」に詳しく書いていますが、場所は国立代々木オリンピックセンターの大ホール。とてもきれいなホールでした。
雨でした!!!


「久我山は~今日も~雨デオ~!」って元校長先生の光田さんがいつも言われていました。アメデオが小学校に練習に来るといつも雨が降るからです。この日も久しぶりの雨!


僕は子供たちと直接話をしたりという交流はないのですが、今まで何度も一緒にやっているので、何となく彼らの成長と言うか、彼らの歌声に、我が子の発表会を見るような気がしてきます。「うまい」「下手」ではなく、彼らの歌う姿や、声に無条件で感動を覚えてしまいます。
1年前、小学校の体育館で行ったお別れコンサートの後、日尾先生と保護者の代表の方、そしてアメデオの事務局が校長室で話をしました。その時に次回のアメデオの定期演奏会ではご一緒できませんが、もし良ければ小学校とアメデオのジョイントコンサートとして別途小さなホールを借りてやる方法もありますね、ってお話をしてしまったことが、今回のオリンピックセンターでのお別れコンサートにつながったのではないかと思います。こんな大きなホールでやる演奏会。運営をする保護者のみなさんは、体育館での演奏会に比べてはるかに大変なことだと思います。でも、だから、素晴らしい演奏会でした。体育館でやる「学芸会」的な発表会ではなく、ちゃんとした「コンサート」になりました。きっと準備、運営にあたった多くの保護者の方の緊張感も違ったでしょうし、それが子供たちにも伝わったでしょうし、何よりああいうしっかりしたステージに立つと、演奏者の気持ちが変わりますよね。


日尾先生は大忙しだったようです。なんだかしょっちゅう走り回っていたような感じがします。


何よりも、僕がとても楽しく演奏させていただけました。こういう機会をもらえること自体、日尾先生、子供たち、保護者のみなさんに感謝したいです。

2004年3月 9日 (火)

選曲会

今日は、第21回定期演奏会の選曲会でした。久しぶりに、良くこのメンバーで集まった新橋の某食事処に11人集まりました。


基本は飲み会です。そうそう、もともとは選曲会のためにこの日をセットしたわけではなく、第20回定期演奏会の個別打ち上げの機会がないベーストップの希望によって今日の日が設定されたのでした。


前半はずっと普通の飲み会。後半に久我山小学校合唱団のお別れコンサートのお話と、次回の定期演奏会の選曲の話になりました。例年通りいろいろな楽しいお話があれこれ交わされましたが、とりあえず1曲は確定のようです。リムスキー・コルサコフの交響組曲「シェエラザード」。40分以上かかる曲ですが、これを第2部(終曲)にやることはほぼ間違いないと思います。


選曲会の詳細は近々「マンドリン悠々」に書かれるでしょうか・・・。

2004年3月 2日 (火)

終電

新居に引っ越して、初めて終電近い電車で帰宅しました。
新宿発23時57分が終電ですが、その前の45分発に乗りました。以前使っていた地下鉄東西線の場合、終電間近の電車は結構混雑しているのですが、都営新宿線はそれほどでもなく、ゆったり帰ることができました。新宿から乗り換えなしで帰ってこられるところがいいですね。
そして、駅から家まで20分弱の徒歩。これはですね・・・、いいと言うか何というか・・・、酔いが覚めます。途中にラーメン屋などの誘惑もありませんので、お酒を飲んでも健康的に帰れますね。


第21回定期演奏会のための練習会場の予約活動が始まりました。もう11月の岩井合宿の日程も決まり、予約も完了。そうそうそれより、2005年1月22日の本番当日の打ち上げ会場(旅館)の予約も完了しているんですよ!

2004年2月16日 (月)

クリスタル

15日にクリスタルの演奏会があったようですね。アメデオの指揮者である小穴君が10年ぶりに指揮を振ったようですが、どうだったんでしょうか。僕は聴きに行きませんでした。もともとマンドリンの演奏会にはほとんど行かないんです。そんな人間がマンドリンオーケストラで弾いているわけですから困ったもんですかね。
クリスタルとアメデオは、かなりメンバー的にもダブっているのではないかと思うのですが、団の方向や運営、演奏など、ずいぶんと違うようですね。それぞれが目指すところを向かって行くことは大変良いことだと思います。
クリスタルの話を聞く際には、響きをとても大切にしている、繊細という言葉が多いように思います。こういうクリスタルの素晴らしい演奏面での特徴をアメデオでも少しは実現できたらいいなと思いますね。


今の130人っていう人数ではやはり厳しいのかな~。二兎を追うもの一兎も得ずになってしまうかな~。


なんて思ったりして・・。